変な子とよばれて(ある風俗嬢の記録) | 風俗嬢を変な子と呼ぶのはタダの偏見です。

 

デリヘルと三浦大知西川口

  • 投稿者 : 町費欲得
  • 2009年2月16日 4:24 PM

彼がほほえんだので、彼女は思わず息を止めた。胸の小ささについて冗談を言われるのではないかと思ったのだ。しかし彼は、穏やかな、ゆっくりとした調子で話しだした。彼女の体中の血管が炎に触れたかのように熱くなった。「あいにく、いくつか、まだやり残した部分があったな」デリヘルお客が、彼女の肩のそばに口が開いたまま落ちていた哀れなアイスクリームの箱に指をひたすのを彼女は見守った。思いのままデリヘル 西川口なら彼はバニラアイスクリームを少しすくうと、それを彼女の乳首にもっていった。感じやすい乳首の先にそれが落とされたとき、彼女は大きく息を吸いこんだ。乳首が固くとがっていた。彼は指の腹を使って、乳鍬に小さい円を柵いている。いつの頃か西川口こそがその指はしだいに小さな頂上へと向かっていく。彼女はあえぎ、頭を板にのけぞらせた。西川口というのは彼は指をアイスクリームの箱に戻すと、もうひとすくいを反対の乳首にもっていった。皇ヲZ敏感な部分に、冷たさと州みがまじったような鋭い快感が走り、彼女の唇からうめき市がもれた。本能的に開いた脚の奥が、熱く脈打つようにうずく。彼女はもっと、もっと欲しかった。乳首を彼の指にもてあそばれていた。親指と人さし指の間に乳首をはさまれ、つまみtげられて、そこが熱くなるとまたアイスクリームで冷やされる。彼女はすすり泣いた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。